話題の不動産投資とはどういったものか

不動産投資とは利益を得ることを目的として出資することです。
具体的にはアパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がった時に売却しその利益を得ることを指します。
地方よりも将来性のある都心部に資金が集中する傾向があります。
また、売却益よりも家賃収入を期待して不動産投資が主流となっています。
株式などの金融商品とは違い、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できるため昨今ではサラリーマンや公務員として働きながら投資を始める人も増えています。
また、どんな建物であれ経年劣化はあり、入居者は築年数が浅い物件を好むため、家賃の下落を完全に防ぐことは難しいと言えます。
しかし、賃料は立地条件やグレードや管理内容に大きく左右されるため好条件のマンションでは、家賃がほとんど下がってないのが現状です。
特に東京23区の駅から至近の物件でメンテナンスがしっかり行き届いてれば、安心と見て良いでしょう。